スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

心構え

昨日は途中で記事を消してしまった。不都合な真実。

______ 
|←樹海|
. ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



・・・・・。





筋トレ室を初めて見た僕はその場にたたずんでしまいました。



ざわ・・・・ざわ・・・・・・




身の毛ガYODATUぜ!!この場はまるで俺に会うために存在していたようだ!!



今日は僕が筋トレの時に常に心に掲げていた信念というか、言葉をみなさんに紹介したいと思います。

運動神経やら技術系の才能やらがゼッタイ無いと思ってた僕は少々卑屈になりながらも、この言葉だけを信じてずっと筋トレを続けてきました。


「凡を極めて非凡たれ」


平凡なことでもそれを極めた時、その平凡さが最強に変わる。


俺には

運動神経、
反射神経、
技術、
ボディバランス、
平衡感覚、

などの、「才能がしのぎを削る分野」における才能は・・・・・・・無い。


だが、パワー強化なら!

人間の体は超回復という原則が働いている。


(超回復とは)
いつも重いものを持っているとだんだんその重さに慣れてきて、もっと重いものを持ち上げることが出来るようになりますよね。
同じように、いつも長い距離を走っている人は、更に長い距離を走れるようになります。

そんな風に人体が”状況に適応していく能力”を持っていることは、経験的に誰でも知っていると思います。

ごく簡単に言うと、そういう風に能力が上がっていくことを超回復と言うんです。


これは誰にでもある。というか、生物ならある。


なら、唯一俺に残された道はパワー強化しかない。

強化可能な筋肉量は各個人の骨格に合った限界があるというが、それならその限界まで達してやる!

そしたら、せめて常人よりは強いだろう。


腕立てなんて誰でもできる。


だが、腕立て1000回できる奴なんていはしない!!


俺には特殊な才能なんてない。でも、道はある。

そしたら、そこを誰も追いつけないぐらい先に行くしかないじゃないか―




そう思ってやってきたんですねー。いやー懐かしい(^ω^)

今でもこの言葉が大好きですけどね♪




何でこの心構えを話したかというと、心理状態、つまりはモチベーションが非常に筋トレには重要だからです。

筋トレ成功の秘訣はとにかく続けること。これに尽きます。

その時に自分がうまく行くと考えるようにするのは非常に重要なんです。


科学的に証明されているんですが、イメージというのは非常に強力な武器となるのです。


ある実験で、二つの実験群に分けて被験者に実験を行いました。

「筋トレ時にボディビルダーのポスターを見せる群」と

「普通に同じ量の筋トレをさせる群」。


すると、ポスターを見ながら筋トレした群がもう一方の群より明らかに筋量が増えたそうです!!


ダイエットもそうですよ、女性の皆様♪

なりたいスタイルのモデルのポスターを貼りながら運動をすると、その体に近づいていくんですよ!!!




・・ということで、

‖海韻襪燭瓩離皀船戞璽轡腑鵑鮖つこと
∪功する自分を具体的にイメージして効率を良くすること



のために、僕の筋トレに対する心構えを語ってみましたwwww

やるからにはみなさんも筋トレに対する信念を持ってくださいね。

長い道のりですから。肉体改造は。



その代わり、成功したら、人生変わりますよ、ホント。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
| 心構え | 雑記 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

はじめまして!

こなさん、みんにちは!トゥナイト2の時間だよ!!(///)



うそです。しかも、ネタが古すぎました。ごめんなさい。(でも、久しぶりに見たい)

ということで、始まりましたよ、「筋トレは呼吸です」。つーか、何だよ、このタイトル。俺がつけたけど。

まあそれはさておき、僕の自己紹介をしておきましょうか。

僕は今、とある大学の四年です。それだけです、ハイ。あとは歴史、文学、ビジネスを総合的に学ぶ、一風変わったサークルの運営とバイトを中心に余生を過ごす男です。

そんな僕の今、周りの友達に僕の印象を聞くと9割方、「筋肉」と言ってくれます。
印象に対して名詞で答えるという型破りな頭脳を持つ友達たちですが、僕はすごい好きです。みんな、いつもありがとう。


ということで、上に書いたとおり僕の肉体は

「マッチョとまでは言わないけど、明らかに普通の体型ではないよね」

といったように見えるようです。

しかし、それも6年前(高校入学)までは、

「ガイコツ」

と呼ばれてました(笑)身長175cmで体重52kgだったのでそう言われても仕方ありませんね(^^;)

そんな体が僕は非常に嫌だったのです。思春期の中学生にとってつらいのは「勉強ができない」ことではなく、「スポーツや運動ができないこと」だったのです。

サッカー部のうまいやつらがキャーキャー言われている横で、ぼーっとたたずむしかできない寂しさ。

騎馬戦では一番に狙われる悔しさ。

たくさん食べようとしても胃袋が小さくて食べられないもどかしさ。

それらの感情をかみ締めながら、少年は卒業時に誓ったのでした。

「俺は絶対このひ弱な体とおさらばしてやる!!」


・・・・それから三年後。


「やったーーー!!ベンチプレス103kg上がったーー!」


高校の中では一、二位を争うほどの重さを上げて、叫ぶ少年の姿がそこにありました。




ということです。

ひ弱な体をどうにかしたい!!

つーか、できるの?

それか、

もっと実際に効くトレーニングをしたい!!

という方のために僕の体験談を通して、みなさんの体に関する悩みを払拭できればと思っています!!(^^)筋トレ方法、筋トレで学んだこと、実際に使った商品のレビューもしていきたいと思います!!

これからよろしくお願いします!!
にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
| はじめまして! | 雑記 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ
<< | 2/2PAGES |