<< 走り込み! | 肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリTOPへ | 足ダイエットの筋トレ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

野球ピッチャー用の筋トレ

 野球をはじめとするスポーツをする方は一般的なイメージでは全身運動を行って、常に身体中の関節をまんべんなく動かしているように感じますが、実は関節の動きは限定的な範囲で酷使されている場合が多いそうです。

勝負のストレスや栄養不足、過労によりよく酷使されるのがインナーマッスルだそうです。

インナーマッスルとはボディビルダーが、観客に見せつける外側の筋肉ではなく体の内側にある関節等を取り巻く、小さな筋肉郡のことらしいです。

このインナーマッスルが関節を守り、また動きを力強いものにするそうなので、野球のピッチャーには必須のトレーニングですね。滑らかな動き、あるいは正確なフォームを作るためにも肩のインナーマッスルを鍛えることは大切だそうです。私の友達の野球部のピッチャーもしきりに「インナーマッスルを鍛えないと…」と言っていました。

ちなみに、インナーマッスルのトレーニングは一般的な筋力トレーニングとは違うそうので注意が必要らしいです。

今回は肩のインナーマッスルトレーニングを紹介しましょう。

〔肩のインナーマッスルトレーニング〕

その1
1.デスク、テーブルなどにひじを伸ばしたまま両手をつきます。
2.上半身を床と水平になるまでゆっくりと倒します。
3.しばらく静止します。

その2
1.胸の前で片方の肘を押さえます。
2.その肘を胸に押し付けます。
3.しばらく静止します。

といった感じです。静止系が多いんですね・・・。


| 野球ピッチャー用の筋トレ | 野球用の筋力トレーニング |
| - | trackbacks(1) | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ
この記事のトラックバックURL
http://moripan459.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
人一倍、トレーニング量はこなしているのに、球速が伸びない…今の指導メニューやトレーニングは、本当に効果的だろうか…もしかすると、このように思われているかも知れません。あなたは、どうすればより速い球を投げられると思いますか?ピッチャーとしての理想的な身
| 時給拾円未満 | 2008/10/23 7:22 PM |