スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

腹筋方法の注意点

今日は腹筋をする上で大切なことを書きます。これを前提としてから、腹筋をやるようにしましょう。

全ての筋力トレーニングにいえることなのですが、身体を動かし暖めてから行うようにいたしましょう。

腹筋トレーニングにおいて、足を固定しちゃダメ。
足を固定すると、上半身を起したり下ろしたりするとき、腹筋以外(例えば、足の筋肉)の筋肉が使われてしまい、トレーニングの効果が半減してしまうからです。

よって、正しいフォームは足を固定せずに、腹筋だけで上半身を起したり下ろしたり出来る姿勢がいいそうです。

腹筋トレーニングにおいて、腕は頭の後ろで組むのもダメ。
これも意外ですね…。テレビや雑誌などで頭の後ろに組んで行っている風景をたまに見かけますが、これだと首に力が入ってしまい、フォームのバランスが崩れてしまうそうです。

したがって、腕は胸のあたりに置いておくか、耳のそばで空中に置く感じかの2通りのどちらかにするといいかと。これなら、首に力が入らず、腹筋に集中してトレーニングを行うことが出来ます。
ここで注意することがあります。腕を耳のそばで空中に置く場合は、手の反動が利用できちゃいますのでしっかりその場に固定して置いてくださいね。手が先に行くと、それはあまり効果がなくなっちゃいます。

呼吸の方法も気をつけましょう。
腹筋トレーニング時は呼吸をいかに行うかも効果を挙げる手段のひとつです。息を吐き、吐ききったところで呼吸をいったん静止させ、腹筋に力を入れゆっくりと上半身を起します。そして逆に、下ろすときはゆっくり息を吸うとよいそうです。

これで、6個に割れた腹筋に一歩近づきましたね♪女性の方や腰が弱いという方はフローリングなどの堅いところでやると腰を痛めますので、何かサポートするものをつけてやるようにしましょう。



【0725夏得5】運動は大の苦手だ!腹筋運動が手軽にできる!!腹筋サポートプレート

| 腹筋方法の注意点 | 腹筋の筋力トレーニング |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ

腹筋は何のためにある?

「割れた腹筋が欲しい」
男性・女性を問わず、人気(?)の腹筋トレーニング。この腹筋が引き締まると、身体のラインが整うのは確かです。それを求める人も多いでしょう。でも、今回はその前に腹筋の役割について勉強して、腹筋を鍛える意義を確認しましょう。


まず腹筋とはおへその上・おへその下そして脇腹の筋肉の総称で、部位によって様々な名前と役割があります。腹直筋とは、お腹にある筋肉のことですし、他にも腹直筋・腹斜筋・腹横筋など多くの種類があります。ちなみに、腹筋は、その周りを骨でガードしているわけではないのです。だから、脂肪がつきやすい場所なのですね…。


腹筋は、あらゆる動作のパワーの源と言われています。上体を屈伸させたり、胴体の上部と下部を回転させたりするのが腹筋の役割ですが、これは人間の動作全てを支える動作であり、だからこそ全てのパワーの源と呼ばれるのです。体の中心にある大きな筋肉ですから、姿勢を安定させるために重要な役割を果たしているんですね。

考えても見てください。全てのスポーツや日常生活には保つべき姿勢がありますよね?それを保てないとはどういうことなのかを。恐ろしいですよね…。


他にも腹筋は、内蔵を外的衝撃から守ったり、身体を支えたりしてくれ、非常に重要な筋肉です。


スポーツをやってる人でもそうでない人でも腹筋を鍛えることを考えてみてはどうでしょうか。普段の生活がグッと楽になりますよ。
| 腹筋は何のためにある? | 腹筋の筋力トレーニング |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲肉体改造の成功の方法は“マインド”にアリの先頭へ
| 1/1PAGES |